アプリレビュー

【本音レビュー】「原神」プレイしてみて思ったこと全てを本音レビュー!

こんにちは!

いろんなアプリを体験するのが大好きなしゅらです!

今回実際にプレイしてみたアプリがこちら!!

≪原神≫

原神(Genshin Impact)は、中国のmiHoYoが開発し、全世界でリリースしたオープンワールドアクションRPGゲームです。

2020年9月にリリースされ、PC、iOS、Android、PlayStation 4でプレイでき、またクロスプラットフォームプレイも可能なゲームになります!

しゅら
しゅら
結構有名なアプリになるので名前だけ聞いたことがある方も多いかもしれませんね!
原神

原神

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

「原神」ってどんなゲームなの?

原神(Genshin Impact)は、中国のmiHoYoが開発したオープンワールドアクションRPGです。世界観やグラフィックス、ゲームプレイの面白さなどから、リリースからわずかな期間で世界的な人気を博した作品です。

このゲームは、ファンタジーワールド「テイワット」を冒険する物語で、プレイヤーは「旅人」となり、テイワットの七つの国々を探索します。

各国は異なる元素(「風、雷、水、火、氷、草、岩」)とその元素を司る神によって守られており、プレイヤーは各地を探索しながら、失われた家族を見つけ出し、元素の謎を解き明かす旅に出ます。

原神の特徴の一つは、自由度の高さです。

壮大なオープンワールドを自由に探索でき、様々なNPCと出会ったり、クエストをこなしたり、ダンジョンを攻略したりします。

また、登山や滑空などのアクション要素もあり、風景や環境との相互作用を楽しむことができます。

戦闘では、プレイヤーは複数のキャラクターを切り替えながら戦う「スイッチングバトルシステム」を使います。

これにより、様々なスキルや元素の組み合わせで戦闘を進めていくことが可能です。

また、ゲーム内で用いられるガチャシステムによって新たなキャラクターや武器を獲得することができ、これがプレイヤーの進行や戦略に多様性をもたらします。

その美しいグラフィック、壮大な世界観、豊富なゲームプレイ、緻密なストーリーテリングなどが評価され、世界的なヒット作となりました。

しゅら
しゅら
ストーリがとても面白いのでぜひプレイしてみてください!

オート機能がないからやりがいしかない!

原神のバトルシステムは、一部の敵を除いてオート機能がないため、手動操作によるアクションが主となります。

適度な強化が行われているキャラクターであっても、雑魚敵との戦闘でもプレイヤースキルが必要となります。

これにより、プレイヤーの技術や戦略性が重視されるゲームプレイとなっています。

バトルでは、近距離戦を行うキャラクターから遠距離攻撃を得意とするキャラクターまで、さまざまなタイプのキャラクターを使用することが可能です。

例えば弓使いのキャラクターでは、遠距離からの狙い撃ちが可能ですが、これはスマホの操作では少々難易度が高く、慣れるまでには時間が必要かもしれません。

しかし、これが原神の魅力の一つでもあります。

バトルに難しさを感じつつも、操作に慣れてくるとその分だけ爽快感や達成感が味わえます。

操作になれるまでは何度も敵によって倒される場面が出てきますが、それもまたゲームの一部と考えて楽しむことが重要です。

そして何より、原神は高い自由度と美しいグラフィックが特徴的なゲームです。

その美しさを楽しむだけでも価値がありますし、操作に慣れるとさらに深いゲームプレイが楽しめるようになります。

そのため、始めたばかりの頃は難しさを感じるかもしれませんが、慣れてくればその楽しさが十分に味わえることでしょう。

しゅら
しゅら
ストーリーを進めていくうちに操作もうまくなっていくのであきらめず頑張りましょう!

今流行りのオープンワールド!!

まさに原神の魅力はその広大で美しいオープンワールドにあります。

このゲームは、プレイヤーを魅了する壮大な景色と謎めいたエリアで満たされた世界を提供します。

プレイヤーは、山を登り、河を泳ぎ、あらゆる場所を探索することができます。

「この山の頂上には何があるだろう?」、「この水面下には秘密が隠されているのか?」と、好奇心をくすぐられる出来事が随所に散りばめられています。

この探索の楽しみは、何もかもが予測不能であることが大きな要素となっています!

予想外の場所に宝箱が隠されていたり、見落としやすい場所に重要なアイテムが置かれていることもあります。

このような驚きや発見は、冒険の喜びを増幅させます。

主要なストーリーを進めることも大切ですが、その途中で遭遇する風景や出来事が、また別の価値を提供してくれます。

原神の世界を深く探索してみると、その規模と美しさ、そして驚きに満ちた要素に感動すること間違いなしです。

しゅら
しゅら
いろんな場所に行って綺麗なグラフィックを体感してほしいです!

ダンジョンには飽きないような工夫も!

原神は、手動操作が主体となるゲームであり、プレイヤーがダンジョン内の移動を自分でコントロールすることが求められます。

この要素は一見すると手間がかかるように感じられるかもしれませんが、実際にはダンジョン内部には多くの仕掛けが用意されており、それらを解き明かしながら進むことが楽しい要素となっています。

例えば、「氷の元素で水面を凍らせて渡る」、「炎の元素で敵の盾を燃やして攻撃する」、「風の元素を使ってフィールドを飛び越えて大きく移動する」といった、各キャラクターの特徴を生かしたギミックが満載です。

これらの要素は、プレイヤーが本当に冒険をしているかのような雰囲気を醸し出します。

そして、もしも失敗して落下してしまったとしても、すぐに戻って再挑戦することが可能です。

これは、何度も試行錯誤しながらギミックを解く楽しみを損なわないための配慮であり、プレイヤーにとってはとても好ましいシステムと言えるでしょう。

原神のダンジョンは、探索と解析の楽しみが混ざり合った、冒険心をくすぐる舞台となっています!

しゅら
しゅら
少し頭を使う場面もあるので頑張ってください!

「原神」ココが残念・・・

原神はその美麗なグラフィックと深遠なストーリー、独特のゲームシステムで多くのプレイヤーを魅了していますが、スマートフォンゲームとしては特異な部分も多いです。

その一つが、全ての操作が手動で行うことを前提としている点です。

スマートフォンゲームの中には、移動や戦闘を自動で行うオート機能を備えたものが多いですが、原神はプレイヤーが全ての操作を行います。

オート機能に慣れたスマートフォンゲームプレイヤーにとっては、「600メートルも自分で歩かなければならないのか」と感じる場面もあるでしょう。

また、ダッシュに必要なスタミナがすぐに消費されてしまうという点も、一部のプレイヤーにとってはストレスになるかもしれません。

しかし、その一方でフィールドマップにはワープ機能が用意されています。

石碑のような形をしたテレポートポイントを見つけて開放しておけば、その地点へはいつでもワープできるようになります。

このワープ機能を上手く活用することで、大きなフィールドを効率よく移動することができます。

原神の魅力はそのゲームの深さと広さにあります。

それはまた、全てを手動で行うことを前提としたゲームデザインからも伺えます。

それがストレスになるか、それとも新たな楽しみとなるかは、プレイヤーそれぞれの視点によるでしょう。

しゅら
しゅら
オートで進むゲームに慣れている人はストレスになるかもです…

「原神」感想!!

原神はスマートフォンで楽しむことができる本格的なオープンワールドアクションRPGです。

一部のプレイヤーにとっては全ての操作が手動であることが難点と感じられるかもしれませんが、それは同時に原神の最大の魅力でもあります。

その広大な世界を自由に探索し、冒険する楽しさは他のスマートフォンゲームではなかなか味わうことができない経験です。

そのため、もし「オートプレイに飽きた」と感じている方がいれば、是非原神を試してみてほしいです。

その美麗なグラフィックと深遠なストーリー、そして自分の意志でキャラクターを操作し、戦闘を行う爽快感は、きっと新たなゲーム体験を提供してくれることでしょう。

原神

原神

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ